北大料理サークル”Cuisine”の立ち上げ

初めて何かを自分で立ち上げたこと。それは大学2年生になった4月に大学の友人のムッシュ(村木)と料理サークルを立ち上げたことでした。何かを自分で立ち上げる経験を若い時にさせてもらえたことは今の自分の糧になっていると感じます。

この料理サークルCuisine、もう16年も経つのですがまだ今も北海道大学の中に存在するということでびっくりです。とてもうれしいです。これからも続いてほしいですね。

一緒にCuisineを立ち上げたムッシュのブログにはその思い出が記されておりますが、いつ消滅してもおかしくないブログなので、私のブログの方に思い出として移管(コピー)しておきます。以下皆さんスルーしてください、私の人生の備忘です(笑)ちなみに青いトレーナーの茶髪の男が私です。

Cuisineとは?

料理サークルCuisineは塾頭が大学2年のときに仲間と立ち上げました. 何か新しいものを立ち上げて運営してみたい!!その気持ちをもとにバイト先の 仲間と二人でサークル立ち上げを考え,今までなかった「料理」サークルを 立ち上げることにしたのです.サークル名はフランス語(英語でも)で料理を 意味する「Cuisine(クイジン)」とし,食い人ともかけています.現在は引退し,ほとんど 活動には参加していませんが,現在も若い世代のメンバー(ほとんど面識ない)が運営しています.

活動内容

2年生のとき私が立ち上げ後そのまま代表として運営,メンバー最大で50人ほどになりました. 活動内容は簡単,北区民センターというところの調理室(家庭科室みたいなところ)に集まって, 一グループ5人~8人くらいで料理を作るのです.最初は簡単なところ(ハンバーグ,肉じゃが) から初めていきました.男女がくじをひき,均等にわかれます.一人暮らしで料理が得意なものや まったく出来ないもの,さまざまが教えあいながら料理を勉強していきます.班ごとに出来不出来 があり,早く終わる班やぎりぎりのところなどわきあいあいと盛り上がります.ちなみに私ムッシュが いる班は終わるのが遅いというジンクスがありました(多分よくしゃべるから).

多彩なイベント

大学の楽しい系サークルということでいろいろなイベントも思いつく限り開催しました. 今となってはいい思い出ですねぇ.研究に終われて今と比べると(笑).ソフトボールが 好きだったのでクイジンで何度もソフトボール大会に参加しました.土日も練習したり いい汗書きましたね.駅伝もいい思い出です.一人3~6kmを7人くらいで走りました. 学校祭では毎年シチューの店クイジンとして,ビーフシチューとクリームシチューを売りました. 夜通し鍋をかき回したり,客引きをしたり楽しい思い出です.

旅行もしました.私は旅好きだったので,クイジンメンバー(20人)を連れて鈍行列車(青春18切符)で 青函トンネルを超え,青森,秋田,山形,新潟とまわりムーンライト越後で東京へ向かいました. 一日フリーデーにして,私と数人の仲間は日光観光をしました.そして次の日はディズニーランド!! 八人でスプラッシュマウンテンを独占したり,とにかく素敵な時間をすごせました,そしてディズニーが ますます大好きになりました!また,一泊の温泉旅行にも行きましたね.

・花見,日帰り旅行,学校祭出店
・スポーツイベント(ソフトボール大会,駅伝大会,サッカー大会など)
・クイジン旅行(ディズニーランド,温泉など)
・料理コンテスト(テーマを決めて,審査員を呼んで行う)

Cuisineで学んだこと

新しいサークルを立ち上げる.それは冒険でした.何かを成功させるためには 頑張ったからいい,とすませるのではなく結果が出るまでやり遂げる必要あります. クイジンでは人を集めて楽しんでもらう,これが第一でしたが,細かいところまで 気配りをしないとうまくいきません.つまらなかったらどんどんやめていってしまいます. アイディアをどんどん出して修正していく,また,仲間と協力して仕事をすすめていく. こうした経験は後にSPlead,スペーススクウェアを立ち上げ・運営する上での基礎になりました. サークルはエネルギーといい仲間がいれば作れる!皆さんも是非時間のある若い学年のうちに 挑戦してみてください.きっと得がたい経験ができるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る