汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

復興特別税30日成立!

ビジネスの話

東日本大震災からの復興財源を確保するための復興特別税についての法案が本日成立しました。

本法案によりいろいろな税目に関して影響があるのですが、本日は法人税についてどのような影響があるのか見てみたいと思います。

法人税に関しては、復興特別法人税として平成24年4月1日から平成27年年3月31日までの3年間、税額の10%が増税(すなわち定率増税)されることになります。

一方で平成23年度税制改正のペンディング事項が決定することで、平成24年4月1日から法人税率は30%から25.5%に下がります。

これにより、法人税率は
 現行・・・30% 
 平成24年4月1日~平成27年3月31日まで・・・25.5%☓1.1=28.05%
 平成27年4月1日以降・・・25.5%
となります。

これに伴い、東京都の法人実効税率は
 現行・・・40.69%
 平成24年4月1日~平成27年3月31日まで・・・・・・38.01%
 平成27年4月1日以降・・・35.64%
となります。

少し税率が低くなるのでとりあえずはほっと一安心。
ですが税務申告書作成、税効果会計を含め、会計処理が煩雑になりそうです。。。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

9月決算おつかれさまでした。

ビジネスの話

9月決算、11月末申告期限の会社様の申告が全社無事終わりました。スタッフ皆さんお疲れ様でした。

今月申告期限の会社様が非常に多かったような気が致します。3月、9月、12月決算の会社様が私達の事務所では多いようです。

何社も抱えているメンバーは結構しんどかったですね・・・ホントお疲れ様でした。ただ非常に効率的に作業を行い、期限までしっかりと間に間に合わせることができてきてとても成長していると思います。昔々自分が1人でやっていたときは月末よく徹夜になっていたものでしたが・・・

12月2日の忘年会では朝までがつんと飲んでください!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成23年度IPO情報まとめ

ビジネスの話

今年のIPOは38社と昨年より16社増加しました。
監査法人別にみたランキングをご紹介。

●監査法人IPOランキング
 有限責任監査法人トーマツ・・・13社
 新日本有限責任監査法人・・・11社
 有限責任あずさ監査法人・・・5社  
 あらた監査法人・・・4社  
 東陽監査法人・・・3社
 優成監査法人・・・1社
 太陽ASG有限責任監査法人・・・1社
 計38社

私が所属していた新日本有限責任監査法人も2位と、IPO部門の先輩・同僚が頑張っているのをとてもうれしく感じます。一方で、今年はあずさが随分と社数を落としましたね。いずれにしても、監査法人の規模別ランキングと同じような感じになっておりますね。

1件驚いたのが9月27日に東証マザーズに上場したKLab(3656) が、11月9日に監査法人変更のリリースをしていました。2ヶ月弱です。優成監査法人唯一のIPOクライアントが新日本へ・・・東証1部への指定替えの準備か何かでしょうか。

最近のIPO準備では、監査法人は赤字覚悟の受注をし、会社とともにIPOを目指していく、そして上場後も引き続きよろしくお願いします・・・というのが非常に多いように思います。もちろん監査法人としては成功報酬で監査を受けることは禁止されているものの、実際にはビジネスですのでそんなこともあろうかと思います。その点はやはり監査法人としても単年度ごとの判断を求められるのでしょう。

来年はもっとIPOが増えてくれるといいですね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早朝英会話レッスン

昨日は朝7時45分からの英会話レッスンでした。

先生から宿題を出していただき、それを予習した上で、レッスンをするという形式になりました。そこで事前に予習をして英会話に臨みました!

僕達は学校の授業で英語をあんなにたくさん勉強してきたのに、いざSpeakingの際には、3単元のsがつけられなかったり、複数形のsがつけられなかったり、現在形・過去形・未来形の時制を誤ったり・・・

慣れなのかもしれませんが、中学生レベルからやり直しです・・・(汗)めげずに頑張ります!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

11月17~20日タイ出張

出張・旅行

先週タイへ出張しておりました。なぜこの洪水で大変な時期に!?・・・というご意見もありましたが強行海外出張となりました。

数日前に「バンコク市内も危ないかも」というニュースがあった様で、いたるところに土嚢スタンバイの形跡が見られました。しかしながら結果、バンコク市内は全く問題なしという感じでした。アユタヤ付近の日系企業が大変なことになっていたためでしょうか、少々日本での過熱報道だったのかなと思うほど、スワンナプーム国際空港もたくさんのビジネスマンや観光客で混雑しておりました。

DSC_0226.jpg

バンコクでは時間を作ることができたので、BIG4に駐在している同期の公認会計士T氏に会いに行きました。久々に会いましたが異国の地で元気に頑張っていました。タイ語は話せず英語もあまり使わず、ほぼ日本語で過ごしているとのこと。

DSC_0223.jpg

こちらの写真はそのBIG4のオフィスビル会議室からの写真。超高層ビルの窓からバンコクはこんな感じです。かなり高いビルも多く、バンコクの成長具合が感じられる一枚です。

彼には、タイでの法人設立、会計・税務・監査等についていろいろと教えてもらいました。

1つ驚いたのが、タイでは、製造業を除く多くの業種においては日本法人の100%現地子会社の設立は難しいようでした。誤解を恐れず簡潔に述べると、タイ人に51%以上株式を持ってもらう必要があるようです。信頼できるタイ人のビジネスパートナーが必要というわけです。

DSC_0230.jpg

こちら夜の会食での1枚。やはりパクチーが入っている料理が多かったです。中にはパクチーに敏感なメンバーもおりましたが、私はパクチーは比較的大丈夫でした。

2泊4日というハードスケジュールではございましたが大変充実した出張となりました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成23年度公認会計士試験合格発表

平成23年度公認会計士試験の合格発表がありました。なんと狭き門でしょう。合格者1511人、合格率6.5%。何より驚くべきことが昨年よりも530人も減少。

【論文式試験合格者数】
 1,511人(対前年比530人減)、合格率6.5%
 うち、短答式試験の受験者等1,447人、20歳未満8人
 
過去は、
平成18年・・・3,108人
平成19年・・・4,041人
平成20年・・・3,625人
平成21年・・・2,229人
平成22年・・・2,041人

平成21年以降どんどん減っていますね。ただ実際問題公認会計士の数が増えすぎ就職が難しくなってきています。年によりこうしてバラバラなのは受験生にとってはかなり辛いですね。いずれにしても日本公認会計士協会には公認会計士としての資格の質や魅力を高める活動をお願いしたいところです。

私ごとですが従兄弟が無事本年公認会計士試験に合格しました。お疲れ様。でもやっとスタートラインにたっただけなのでこれからの活躍を期待しています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英会話はじめました

こんにちは。
先週から週1回ではありますが英会話レッスンをはじめました!

朝仕事が始まる前に1時間です。昔Gabaに通っていたときは、少しは話せるようになっていたのですが、やはり時の経過と共に現在はほとんど話せなくなってしまっていました。自分のスピーキング・リスニング力の低下にがっかりでした・・・。

先生はとても丁寧に教えてくれますし、私の変な英語も何とかがんばって理解してくれるので、一応英会話として成立しておりますが、これはきっと他の外国の方には通じないことでしょう(笑)

明日も朝からレッスンです^^
まずは日常会話をできるように頑張ります!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

25歳の上場会社社長!?

ビジネスの話

すごい!の一言に尽きますね。

株式会社リブセンスという会社の村上太一社長(25)です。12月7日に東証マザーズ上場予定で、上場すれば25歳の最年少上場社長の誕生とのこと。

リブセンス社のHPには「東京証券取引所マザーズ市場への上場承認をいただきました」とシンプルなIRが。そして、資本金は15,000,000円しかない。

ただ、もちろん監査役はしっかりと3名体制(監査役会を組織)、監査監査人として有限責任監査法人トーマツを選任とコーポレートガバナンスの体制は整備しているわけです。

こちらのサイトに村上社長の起業~現在までの記事があります。

以下の記事がとても印象的でした(以下抜粋)。

(中略)だが、村上氏は「最初は本当につらかった」と振り返る。
「最初の1年はまともに売り上げが立たなかったんです。採用課金に採用祝い金と、それまでにないビジネスモデルでしたから、そもそも本当に成り立つのだろうかと不安でした。やめようと思ったことは何度もあります」
なぜ踏みとどまれたのか。村上氏は「やめ方が分からなかった」と苦笑いをしながら答える。数少ないとはいえ顧客がいた。顧客がいる以上、責任がある。いきなり「やめます」とはいえなかったのだ。

なるほど、顧客がいる以上やめられないし、責任がある訳ですね。当たり前のことなのかもしれませんが、最近の経営者には無責任にも事業を放棄してしまう人も非常に多いような気がします。

話はIPOに戻りますが、一昔前はこのように元気な会社がたくさん上場しました。おかげさまで私も新日本監査法人時代はたくさん関与機会を頂きました。しかしながら、リーマンショック以降は上場する企業が著しく減少してしまいました。リブセンスのような若いIT企業の上場承認がおりたということは、日本の若者を元気付ける起爆剤になるかもしれません。単純に「IPOってかっこいい!」というのも個人的にはいいと思います。

今後、さらに若い企業が上場していく流れができればいいですね^^汐留パートナーズグループのお客様でもIPOを目指して日々頑張っている会社様があります。私ども全力で応援させていただきます!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

会計士待機合格者問題の解消のためのアクションプラン

金融庁が『公認会計士試験合格者等の育成と活動領域の拡大に関する意見交換会当面のアクションプランの再改訂について』を発表しました。これはご存知のとおり「待機合格者問題」の解消を目指しての新しいアクションプランです。

新しいアクションプランの3つの柱は以下のとおり。
①実務従事の対象の拡充
②中小監査法人における有期雇用等による監査業務の補助に係る枠組みの整備
③経済界に対する合格者採用のさらなる呼びかけ

①について、資本金5億円未満の開示会社や開示会社の連結子会社(海外子会社を含む)も対象となるようで、これは非常に大きな改訂事項です。これで実務補修要件を満たす範囲が広がり、合格者の採用につながるといいと思います。

日本公認会計士協会が立ち上げた公認会計士や合格者向けの求人情報サイト「キャリアナビ」には依然として900人以上の登録者がいるようです。弊社も昨年度2010年度試験合格者を対象に採用活動を行いましたが、非常に優秀な方々がたくさん登録されていました。

弊社では2011年度試験合格者の採用を行うかどうかはまだ未定です。汐留パートナーズも少しでも業界のお役に立てれば・・・とは思うのですが。このように厳しい経済環境ですと・・・躊躇してしまいますね。

金融庁は今年度の公認会計士資格試験の合格者について1500~2000人に抑えることを既に発表していますが、年によって合格率が大きく変動するのはいかがなものかと。

短答式試験の合格率が3.5%、TACの公認会計士講座受講者数が前年同期比で43.6%減少・・・異常事態です。公認会計士という資格・仕事の魅力が著しく低下しているのかもしれません。

厳しい時代に合格した皆さんは、必ずや将来活躍されることでしょう。本年度の公認会計士試験の受験生の皆様の合格をお祈りしております。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

facebookページの「いいね」が100超えました!

おかげさまで一瞬のうちにfacebookページの「いいね」が100を超えました!皆さんありがとうございます。あまり有意義な情報を発信できていないので心苦しいですが、今後頑張ってまいります。今後ともどうぞよろしくお願いします。

ちなみに皆様、facebookをどのように活用されているのでしょうか。私の周りですと多くの方々はビジネスマンで、ビジネスを中心にご活用していらっしゃいますね。また、仲のよいメンバーに近況の報告をしている感じもあります。

また以下のようなニュースが毎日のように出ていますね。

・住友電工、新卒採用 Facebook ページを開設
・東証、フェイスブックを活用して先物新システムの情報発信
・住友生命がフェイスブック開設 新キャラクターは「しずかちゃん」

ちなみに日本では現在500万人が利用しているようです。すごいですね。最近の感覚ですと私の周りの20代~30代ですと2人に1人はfacebookユーザーのような感じです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る