汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

汐留パートナーズ税理士法人の採用サイトのレベルアップ

ビジネスの話

recruitsite2016

本日は少し(けっこう)事務所自慢させてください(笑)
汐留パートナーズには、まずまず自信のある求人・採用サイトがあります。
それはこちら → 『汐留パートナーズ税理士法人[公式]採用・求人サイト』です。
写真をふんだんに、また、メンバーからの熱いメッセージがたくさん詰まった求人サイトです。

こちらのリクルートサイトで、汐留パートナーズから求職者・転職希望者に伝えたいメッセージをかなりの部分発信することができていました。今回さらに改修作業を行うこといたしました。

汐留パートナーズは非常に若い税理士法人です。これまで若手が驚異の頑張りで急成長を遂げていたのですが、おかげさまでお客様がそれ以上に増加していることもあり、また、お仕事の難易度がどんどん高度になっていることもあり、今後中途採用も積極的に行っていく必要があるという議論になりました。

私、ふと1つ大きな過ちを犯していることに気づきました。

年中リクルートをしている会計事務所・税理士事務所は、離職が多く退職者の代わりを求めているために採用しているのだと思っていました。やはりこの業界、「ブラック会計事務所」の存在が後を絶ちません。「人は使い捨て・・・」そんな事務所が多いので、どうしてもいつもいつも採用活動をするということに対しネガティブな印象を持っていました。

ですが、私たちの事務所はそうではなく、離職がほとんどないにもかかわらず人手が足りなくなっている。。本当にありがたいお話です。お仕事を新規でいただくための活動は弊社は毎日365日やっています。しかしながら大切な人材を育てることはもちろんやっていたのですが、新たな人材を求人・採用するという活動をおろそかにしてしまっていたのです。

私たちは人が商品です。仕事の獲得と、人材の獲得を、常に同じスピードで行うという視点が私恥ずかしながら欠落していました。もちろん人材が先、お仕事はそれから、というマインドは持っているつもりでしたが、今後はより一層良き人材の獲得を積極的に行っていきたいと思います。そのためにもサイトを少しブラッシュアップして中途の経験者層からも汐留パートナーズ税理士法人を注目してもらえるよう、採用サイトのリニューアルを頑張って行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハワイ法人の財務デューデリジェンス業務

ビジネスの話

ハワイ進出のお手伝いの中で、ハワイ法人の財務デューデリジェンスを行う機会も増えてまいりました。クロスボーダーM&Aの中でも非常にニッチなハワイマーケットですが。ハワイ法人を買収してしまったほうが、一からハワイで始めるよりも簡単であるというのも確かに一理あります。

ハワイ法人の買収案件やハワイ法人への投資案件は、昔からも変わらずずっと行われているのだと思います。今までいったい誰が担当していたのかと思うほど、ありがたいことにそのような刺激的なお仕事も弊社にご依頼を頂くことがこの2年ほどで急激に増加しました。主に弊社の「ハワイ会社設立.com」のサイトからのお問い合わせです。

最近は、汐留パートナーズでは外国人や外資系企業が日本に進出してくるインバウンド業務が非常に多いのですが、インとアウト、両方できる事務所でありたく、引き続き海外進出支援も行ってまいりたいと思います。2月中旬ハワイに出張しておりましてご不便をおかけいたしますが、ハワイはあまり時差がないため気軽に皆さまメール、Messenger、Line等でご連絡をいただければと思います。

beach-holiday-vacation-caribbean-large

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

税理士法人国際部での会計税務スタッフ募集

ビジネスの話

【求人の告知です】是非お待ちしております!

●職種情報

業務拡大に伴いまして、汐留パートナーズ税理士法人の国際部では、会計税務スタッフを募集しております。

・平均年齢約30歳、創立8年の若くて勢いのある事務所です。
・税理士法人は50名、グループ85名ほどの規模の事務所です。
・JR・地下鉄新橋駅からとても近く、銀座も歩いて1分の好立地です。
・カナダ人、フィリピン人、中国人、韓国人などいろいろな国籍のメンバーが在籍しております。

外国から多くの企業が日本に進出してきており、それに伴い税理士法人国際部の会計税務チームでグローバルに活躍して頂ける方を求めています。責任感を持って長期で働いていただける方を募集致します。どうぞお気軽にご応募下さいませ。

●仕事内容

【担当いただく業務】

・会計帳簿入力業務(英語記帳含む)
主に英語にて会計ソフトに入力していただきます。会計ソフトとしては日本の定番ソフト「弥生会計」、海外の定番ソフト「Quickbooks」等を利用します。

・外資系企業の会計税務サポート
国際会計(IFRSやUSGAAP)や国際税務(移転価格税制や租税条約等)について英語で検討、説明、ミーティングを行う業務があります。

・外資系企業の日本進出支援
外資系企業の日本進出を英語を用いてサポートしています。日本特有の法律や慣習等についてアドバイスも行います。

・外資系クライアント対応
毎月本国へ英語でレポーティングを含めた報告を行う業務が必要となることがあります。会計データを英語で取りまとめて本国とやり取りをする業務を行います。

・通訳翻訳業務
ミーティングにおいて通訳業務を行ったり、業務上必要な資料を翻訳する仕事をご担当いただきます。

●応募資格

【応募資格】

・会計税務知識がある方
※外資系企業での経理経験、会計事務所勤務経験がある方等は優遇します。
・日本語ネイティブ、英語が堪能な方
※ライティング、リーディングの能力は必要ですがスピーキングは必須ではありません。

【求める人物像】
・パソコン基本操作(ワード・エクセル)ができる方
・社会人マナーが身についてる方
・人と接するのが得意な方
・責任感を持って長期で働いて頂ける方

●勤務地

東京本社:105-0004 東京都港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル

●勤務時間

9:00~18:00(実働8時間)

●採用人数

若干名
※汐留パートナーズグループの発展のために必要だと感じた方には人数問わず是非ご入社いただきたいと考えております。

●雇用形態

正社員(試用期間3カ月)

●給与

月給25万円~50万円
(年収300万円~600万円)
※昇給:年1回、賞与:年2回(管理職以外)
※年齢・経験を考慮し当社規定により優遇します。 

●休日・休暇

GW、夏季休暇、正月休み
年間休日:120日前後(有給は勤続年数による)

●諸手当

厚生年金、社会保険、労災保険、雇用保険、通勤手当、資格手当他

●福利厚生

社員旅行制度、社内ランチ制度、部活制度、研修制度、BBQ、試験休暇他

●ホームページ

http://shiodome.or.jp
http://recruit.shiodome.co.jp/

●キャリアイメージ

新卒入社のキャリアップイメージですが参考になれば幸いです。

【1~2年目】アソシエイト

『研修からスタート、徐々にレベルアップ』
新人研修からスタートします。ビジネスマナーについても研修を受けます。先輩のサポートを受けながら、会計・税務の基礎を学び、少しずつ担当クライアントを持っていきます。

【3~4年目】シニアスタッフ

『アドバイスや税務申告書の作成など』
シニアスタッフになると、お客様に対するアドバイスをする機会が増え、また、税務申告書の作成などもたくさん担当します。税務調査の立会いに同行したり、お客様との会食に参加するチャンスもあります。

【5年目以降】マネージャー

『管理職としてメンバーのマネジメント業務も』
他のスタッフ相談に乗ったりチェックをしたりと自分の担当以外も見ていくようになります。時には事務所全体のことを考えて行動する必要も出てきます。

●スタッフの声/金森

【仕事のやりがい】

お客様に感謝されたり信頼して頂いていると感じられる時です。私共のお仕事はモノを売る仕事ではないので、自分自身や一緒に働く仲間が商品そのものです。お客様の求めていることを敏感に察知して、仲間と共に信頼を勝ち取っていくことができればご相談も増えて、ますますやりがいを感じる機会も増えると思っています。

【今後の目標】

お客様のご要望に応えられるビジネスパートナーになっていきたいと思っています。そのために、自分のやりたいことや何か専門性の高いことに特化してことも重要ですが、同時にいろいろな業務に触れて成長していきたいと思います。お客様のニーズに合わせて成長していくことで、お客様や会社の貢献につながり、自分自身の活躍の場所も広がっていくと感じています。

●スタッフの声/長谷川

【仕事のやりがい】

仕事を通じてお客様に喜んでもらえることがモチベーションにつながります。汐留パートナーズに入社してからは、早い段階で一人でもいろいろな仕事を任せてもらうことができました。以前の会社では先輩の補助だけということがほとんどでしたが、自分で直接担当したいという気持ちがずっとありました。やはりお客様と直接やり取りをして一緒に悩んで考えて、その結果喜んでいただけた時がこの仕事をしていてよかったと思える瞬間です。

【今後の目標】

仕事もプライベートも充実させていろいろなことに挑戦したいですね。仕事で興味はあっても手が出せなかったことを勉強したり、趣味を増やしたりと今までやりたくてもできなかったことをどんどんやっていきたいです。仕事も自分の時間もどちらか一方に偏ってしまわず、どちらも全力で充実させていきたいです。

●TOEICスコア
 
 TOEIC730点以上を積極採用

●特徴
 
 留学経験者歓迎 / 英語以外の語学習得者歓迎 / 海外出張あり / 第二新卒

●カテゴリー
 
 エグゼクティブ 経営企画 / 財務・会計・経理 / 総務・その他 / 税理士 / 公認会計士 / 中小企業診断士 / CFP(上級ファイナンシャルプランナー) / BATIC(英文会計) / 国際秘書検定 / MBA / CPA(米国公認会計士) / CFM(米国公認経営管理士) / CMA(米国公認管理会計士) / EA(米国税理士) / その他ビジネス資格 / システム監査技術者 / コンサルタント / マーケティング・企画 / 金融 / 財務・会計・経理 / 通訳・翻訳 / マーケティング・企画

メール等でどうぞお気軽にご質問下さい。ご応募お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

USCPA合格祝賀会に参加

遅ればせながら、2015年度中にUSCPA(米国公認会計士)に合格した人の合格祝賀会が予備校主催で開催されました。ちゃっかり参加してまいりました。いろいろなバックグラウンドの方々がUSCPAに合格されていました。JCPAと呼ばれる私のような者は意外と少ないと感じました。

同じテーブルで立ち話していた方がホントに偶然に2人とも日本の弁護士でした。もしかしてなのですが、弁護士業界の皆様方会計業界に攻めこんできているかもしれません(汗)弁護士は登録すると税理士にもなれますし、頭のよい方ばかりなのでちょっと怖くなりました、という話でした。

bsPAK96_bistrofork

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

情報セキュリティの一層の徹底

ビジネスの話

近年、情報セキュリティについては本当に重要となってきております。私たち会計事務所業界を取り巻く環境もめまぐるしく変わり、これまでの管理体制ではいけず、より一層深く考えていくことが必要です。マイナンバー制度がそのきっかけとなっているのは言うまでもありませんが、マイナンバー制度の前にもまだまだできていないことがいくつもあります。

中小企業だから・・・という言い訳はもう通用しない時代になってきております。すべて完璧に今すぐというのは現実的ではないにしても、できることから1つずつやっていくという意識をちゃんと持つことが大切であると感じます。自分たちも徹底していくとともに、お客様にも私たちのナレッジや経験をお伝えしていければと思います。

picjumbo.com_HNCK86321

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京都にてハワイビジネスのミーティング

DSC_1556

弊社がハワイ進出のお手伝いをさせていただいておりますお客様と、ハワイの提携先の皆様とのミーティングが、京都でありました。ミーティングというよりは会食でたくさん食べて飲んで、という感じでした。

ハワイのイリカイホテルの話や汐留パートナーズで取得したハワイアンモナークの話、ハワイでのご未処理事情、ハワイでの飲食店の話など。ハワイ好きが集まるとハワイの話はつきません(笑)

祇園の街は風情がありました。夜祇園に来たことがなかったので、こんな素敵なところがあるんだなぁと思いました。汐留パートナーズには関西方面の拠点がないのですが、いつか関西でも仕事ができたらいいなと思いました。

これからある素敵な出会いの予感がした1日でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ボラチョでハラミステーキ1kg

haramisteak

昨日はビストロボラチョでハラミステーキを頂きました。いつもWEB周りで大変お世話になっている方々との会食。最初の方はこれからの新企画や私が考えているビジネスのお話などをさせていただきました。

今回はボラチョでハラミステーキを1kg頼んでみました!でも3人なので1人333グラム。意外と大丈夫でした。相変わらずおいしくいただきまして、お酒が進み、3人でビールを飲んだ後、ワイン3本空けてしまったがゆえ、大切な序盤のミーティング内容をあまり覚えていない状態に・・・(笑)

ですが、本当においしい肉とワインでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大変お世話になった先輩の送別会

本日は新日本時代大変お世話になった先輩Aさんの送別会でした。私はもう7年前に先輩に送別されましたが、今回先輩が送別されるとのことで、部外者ながら混ぜていただきました。場所は銀座。

先輩には、私は22歳で新日本に入ってから、IPO部門に引っ張っていただいて、そこから兄のように(父のように?)ご指導いただきまして、当時本当に使えなかった私をレベルアップさせていただいた御恩があります。今でもCさんとAさんには私は頭が上がらず、頭を(愛をもって)はたいてくれる数少ない指導者の1人です(笑)

今思えば12年前の私なんかが面接に来たら100%落としていただろうというくらい世の中をなめていたと思いますが、先輩のご指導もあり責任感を持つことができ最低レベルをクリアしたビジネスマンになることができたのではないかと思います。たくさんぶつかり喧嘩もして男泣きしたこともありました。

そんな思い出を持つ後輩はたくさんいるだろうということで、私はあまり深くはお話しできませんでしたが、また別でご一緒できる機会がありそうなので、その時を楽しみにしています。長い間本当にお疲れ様でした。そしてこれから、監査法人の外の世界でご一緒できれば幸いです。今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

bsKAZ78_yorunotokyo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハワイ不動産取得・運営サポート

ビジネスの話

HM00

プレスリリース(一部釈明)です。

弊社ハワイ法人のShiodome Partners (USA) Inc.は日本人の皆様・日系企業向けに従来からハワイ進出支援業務を行っておりますが、今後ハワイ不動産を取り扱う”レイハワイ不動産“と強固な関係を築きハワイ不動産の取得・運用・管理もお手伝いできることとなりました。

この度レイハワイ不動産の岡野代表のお力添えもあり弊社自身ワイキキの不動産ハワイアンモナークのお部屋を取得いたしました。以下の写真の細長い物件です。

HM01

ハワイアンモナークはワイキキビーチまで徒歩15分くらいの運河沿いのロケーションにあります。少し古い物件ではありますが地震がないハワイでは耐用年数が70~80年という長さゆえに、その点もまたハワイの不動産の魅力でもあります。

なおその2つ右隣の物件に弊社ハワイ法人の本社がございます。お客様にお勧めするからには自社も保有していないとという事でこの度良き不動産の取得ができました。

hawaiianmonark

実は「ハワイ 会社設立」「ハワイ進出」とgoogleとYahooで検索すると弊社は常に1位なのと私をはじめ3人の米国公認会計士がおりますので、日本全国からハワイ進出を考えているお客様からのお問い合わせを恐らく日本一サポートしておりますが、これからはより一層の進出支援が可能となります(http://ハワイ会社設立.com)。

私たまにハワイに行きますが本当に遊びではございませんので何卒よろしくお願いいたします(笑)

ハワイはこれから空港からアラモアナショッピングセンターまで初のモノレールができとても熱い所です。不動産価格も過去数十年ずっと上昇トレンドです。もしハワイ進出、移住、不動産購入を検討されている方がおりましたらぜひご紹介ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年HAPPY NEW YEAR !!

皆さま、新年あけましておめでとうございます。2016年の年末年始、私はアメリカのロスアンゼルスにおります。時差があるのでなんだか不思議な感じです。ロスアンゼルスのカウントダウンはニューヨークほどではないようでしたがLA支庁舎にてイベントがあるとのことで、行こうかどうしようか迷いながらも、寒かったので結局ホテルでニュースでカウントダウン中継を見ておりました。うむ、年初から出不精になってしまった。。

さて、年初一発目から日本から持ってきた大前研一氏の書籍を読んでおりました。勝ち組ビジネスマンになるための88ヵ条「大前語録」。帯には「成績の悪い営業マンほど売れない理由の説明がうまい」と書いてあります。ぐうの寝も出ない正論がたくさん書いており、年初から大前研一さんのお叱りを受けた感じになりました(笑)が、身が引き締まる思いです。

思うに、私がよく読む、「ドラッガー」「稲盛和夫」「大前研一」「コヴィ」などの本のエッセンスは一緒である気がします。これらのエッセンスをしっかりと理解でき自分のものにできれば、汐留パートナーズが破たんするような、あるいは、お客様・従業員・家族に迷惑をかけるような失敗はしないだろうと思います。もしそのようなことを継続することができれば「成功」かもしれませんが、さらに「すごい成功」にチャレンジしていきたいと思います。そのためには創造的でいなければなりません。

大前研一さんの本には新しいアイディアや戦略を生み出すには、「場所を変えろ!」と書いてありました。年末年始各種ご迷惑をおかけしながらもおかげで米国で大変良い経験ができております。2016年、とてもいいイメージでスタートできそうです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

a1050_000006_m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る