汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

汐留司法書士事務所のホームページリリース

ビジネスの話

汐留パートナーズグループとなった汐留司法書士事務所のウェブサイトが完成しましたのでご報告いたします。

http://www.shiodome.co.jp/js/

不動産登記、商業登記、相続手続き、遺言、成年後見等の様々な業務を取り扱っております。より一層のワンストップサービスが可能となっております。今後とも汐留パートナーズグループをよろしくお願いいたします。

●汐留司法書士事務所

事務所名 汐留司法書士事務所
[英文名:Shiodome Judicial Scrivener Office]
代表者 石川宗徳(司法書士・相続診断士)
事務所設立 2015年8月1日
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階
電話 050-3740-5200(汐留司法書士事務所直通)
03-6228-5505(グループ代表)
URL http://www.shiodome.co.jp/js/
事業内容 相続サポート
不動産登記
商業登記
成年後見 等
所属団体 東京司法書士会(会員番号:7210、簡易裁判所代理業務認定番号:801263)
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート
法テラス
相続診断協会
さいたま幸せ相続のかたち
浦和稲門会

shiodomejs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いいね委員会といいねの神

先日、「いいね委員会」による第1四半期のいいねの発表がありました。汐留パートナーズでは、毎日誰かしらいいことをした人がいると思うので、そのいいねを皆で共有させてもらうという制度があります。

その運営を行っているのが「いいね委員会」です。委員長はもちろん松橋です。いいねがたくさん集まるといいねの神ジソンが現れます。

どうしても、悪い噂や話ばかりが先に展開されることが世の中多いと思います。ですが、どんどん共有すべきよい話の方がたくさんあると思います。

若干意味不明な設定ではございますが、これにより社内での日頃の行いの中で、良いことをどんどん共有していくことで、さらにお客様によいサービスを提供しつつ、事務所としての成長・発展を目指していきたいと思います。

d9510c83d50db98604471ad443d5d838

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

汐留ゴルフ部の第2回の活動

13043504_1104419882930936_3724793888688480074_n

先日の汐留P社内ゴルフイベント☆繁忙期のちょっとした合間のひととき・・・やはりこうしてみんなで遊びに行けるってとても幸せなことです。ドライブ、プレー、ランチ、銭湯と、ゴルフに関連する一連の流れにより、いつもメンバーの結束が強くなるのを感じます。

さて、ゴルフの結果はというと、優勝はグロス83で梅木くん(新入社員)・・・すごい。彼の自己紹介ブログでは、「4月から汐留パートナーズ税理士法人に入社しました、梅木と申します。はじめてのブログ投稿なので、自己紹介いたします。神奈川県出身で、学生のときはゴルフ部に所属していました。ベストスコアは65で、好きなメーカーはタイトリストです。得意クラブはドライバーです。汐留でもゴルフをする人がたくさんいるようで、回れるのを楽しみにしています。」とあります。ベストスコア65って・・。

ちなみに2位以下118~180と団子状態です(笑)汐留ゴルフ部では、優勝者とブービーが一緒に次の幹事を務めるということになりました。先日参加させていただきましたお客様のコンペにならいました(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

行政書士の求人・採用・就職・転職ってどうすればいいの?

こんにちは。汐留行政書士法人の代表社員行政書士の前川です。本日は、行政書士の求人・採用・就職・転職ってどうすればいいのかという疑問について、私が経験したことなどを通じてブログを書いてみたいと思います。

毎年11月に行政書士試験がありまして合格発表は1月末頃となっています。そのため1月末以降は行政書士の方々にとっての就職・転職シーズンということになるでしょう。もしかすると正式に行政書士登録後に就職・転職をすることになるかもしれませんので、各々の活動時期は異なるかもしれません。活動を開始した方々はインターネットで求人情報を検索したりすると思いますが、まず情報が非常に少ない、そして、非常にネガティブな情報が多いということにがっかりされることでしょう(+o+)。例えば、「食えない資格」「儲からない資格」などなど。しかしながら、「何とか合格して登録した行政書士という資格を生かして活躍したい!」という方も多いことでしょう。

行政書士に関するインターネットに出ているブログ記事等はどれも悲観的な情報ばかりでありますが、資格の力のみに頼って就職して稼ぐというのは、行政書士に限らず、税理士も社会保険労務士も厳しい時代となってきているのだと思います。しかしながら「行政書士×ビジネスマンとしての力」の相乗効果により、必ずや皆様の行政書士の資格は生きてくることでしょう。例えば汐留パートナーズグループの汐留行政書士法人では、「行政書士×日本進出コンサルタント」として活躍してくれる方についてはとても重要だと考えております。そして継続的に求人をしております。

主に行政書士の業務分野で伸びるところといえば、「在留資格・ビザ分野」であるといえるでしょう。申請取次行政書士の方であれば就職・転職先も広がることでしょう。とりわけ汐留パートナーズでも、インバウンド業務の増加に伴い在留資格・ビザ分野ができる行政書士というのはとても重要となっています。そのため行政書士という資格について、私は非常に魅力的であると考えています。ネットではネガティブな記事が多く凹んでいる皆様、汐留パートナーズでは行政書士として活躍したい、一緒に汐留パートナーズを大きくしたいという方とたくさん出会えないかなと考えています。

ところが、就職・転職を考えている行政書士の方々と行政書士事務所が出会う機会というのが極めて少ないのが実情です。わずかに求人情報にのっているだけです。「行政書士の求人・採用・就職・転職ってどうすればいいの?」という質問については、回答としては便利なツールや紹介会社等も存在しないため、インターネットで調べ、所長のブログ等にたどりつき問い合わせをするという「足で稼ぐ」ということになるようです。行政書士事務所で採用ができる規模のところは非常に少なく、ほとんどの行政書士事務所が従業員数1名~3名くらいなのではないかと思います。採用するほど余裕がある事務所がないというのが実情です。マーケットとして非常に小さいということから、行政書士に特化した媒体等も少ないのが現状です。採用する側としては、採用人数が1名だけということも多いので、リクナビやマイナビなどの大手の求人サイトや求人雑誌に何十万円も広告費をかけて採用するということもなかなか現実的ではありません。

また、日本行政書士会連合会や東京都行政書士会に問い合わせをしたのですが、そのようなサポートは行っていないので、独自で採用活動をなさってくださいということでした。行政書士登録をされた方にとっては行政書士の団体からのサポートがないのが残念な限りです。公認会計士協会や税理士会では会員の就職についてのサポートをする部門やウェブサイトや掲示板が用意されいるのですが。。

行政書士は「独立開業型」の資格であるためいきなり独立してしまおうという短絡的な考えは危険すぎます。行政書士として独立開業して活躍していくためには、経営センスやマーケティング能力が不可欠です。今後は行政書士事務所もどんどん寡占化が進んでくると思います。それは公認会計士業界(監査法人)、税理士業界(税理士法人)が寡占化したように、行政書士業界もどんどん大きな事務所ができてきて、組織的に活動して顧客にサービスを提供する時代となってくると思います。

汐留パートナーズはグループで90名、行政書士業務を行っているメンバーも10名近くおりますので、また仕事が増加していることもありますので継続的に募集をしております!私個人としては行政書士ってすごく魅力的だと思うんですが。ちなみに以下が汐留パートナーズでの行政書士の求人情報です。行政書士の方のご応募をお待ちしておりますので是非お気軽にご応募ください!。なお長期的にも継続して行政書士を募集しておりますので、気軽にお問い合わせください。行政書士の方の事務所見学も大歓迎です。

●職種情報
業務拡大に伴いまして、汐留パートナーズでは、行政書士を募集しております。
・平均年齢約30歳、創立8年の若くて勢いのある事務所です。
・グループ90名ほどの規模のワンストップ事務所です。
・JR・地下鉄新橋駅からとても近く、銀座も歩いて1分の好立地です。
・カナダ人、フィリピン人、中国人、韓国人などいろいろな国籍のメンバーが在籍しております。
外国から多くの企業が日本に進出してきており、それに伴い主に外国人の在留資格・ビザに関する業務で活躍して頂ける行政書士の方を求めています。責任感を持って長期で働いていただける方を募集致します。どうぞお気軽にご応募下さいませ。

●仕事内容
【担当いただく業務】(一例です)
・在留資格認定証明書交付申請業務
・外国人の日本国籍取得届等の手続業務
・帰化許可申請業務
・渉外身分関係手続業務
・外国人と日本人が結婚・離婚・養子縁組等をする際の手続き業務
・永住許可申請業務
・在留資格取得許可申請業務
・再入国許可申請業務
・在留特別許可申請業務
・就労資格証明書申請業務
・日本国査証申請業務
・対日投資等に関する手続業務

●応募資格
【応募資格】
行政書士の資格をお持ちの方
※すでに行政書士登録が完了している方、申請取次行政書士の資格を有している方、在留資格・ビザの業務経験がある方は優遇します。
【求める人物像】
・パソコン基本操作(ワード・エクセル)ができる方
・社会人マナーが身についてる方
・人と接するのが得意な方
・責任感を持って長期で働いて頂ける方

●勤務地
東京本社:105-0004 東京都港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル

●勤務時間
9:00~18:00(実働8時間)

●採用人数
若干名
※汐留パートナーズグループの発展のために必要だと感じた方には人数問わず是非ご入社いただきたいと考えております。
※長期的にも継続して行政書士を募集しておりますので気軽にお問い合わせください。

●雇用形態
正社員(試用期間3カ月)

●給与
月給20万円~50万円(年収300万円~600万円)
※昇給:年1回、賞与:年2回(管理職以外)
※年齢・経験を考慮し当社規定により優遇します。 

●休日・休暇
GW、夏季休暇、正月休み
年間休日:120日前後(有給は勤続年数による)

●諸手当
厚生年金、社会保険、労災保険、雇用保険、通勤手当、資格手当他

●福利厚生
社員旅行制度、社内ランチ制度、部活制度、研修制度、BBQ、試験休暇他

●ホームページ
http://recruit.shiodome.co.jp/
※税理士法人のリクルートサイトのためご参考にご覧ください。会社の雰囲気等を感じていただければ幸いです。

●応募方法
ご応募はメール(saiyou@shiodome.co.jp)か郵送にて履歴書(写真貼付)をWORD・EXCEL・PDF等でお送りください。もし興味がございましたら質問のみのメールも大歓迎ですので、どうぞお気軽にご連絡下さい。詳細をご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新規メンバーとの汐留ランチ

㋃㏫のアソシエイトランチ

本日は最近入社したアソシエイトのメンバーとのランチでした。私が大の焼肉好きということで、お店の予約はカレッタ汐留の46階「トラジ」にしてくれました。今回はジソンくんが予約してくれました。眼下には東京湾、お台場、そして浜離宮と、大好きな眺めです。

国際部&法務部に新しく入社したメンバー5人は、皆が皆、本当にイイ人達。英語+タガログ語、英語+モンゴル語・・・(笑)みんな本当にいろいろなバックグラウンドですが、手前味噌ですが誰もが本当にいい人なんです。さらに面白い展開になりそうです。

これからも国際部&法務部が汐留パートナーズグループの原動力となってくれることを期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国内外出張続きです

国内外出張が続いております。東京で日程調整がうまくいかない場合がありましてご不便・ご迷惑をおかけして申し訳ありません。おかげさまで国内では、いろいろなテーマで基調講演に呼んでいただく機会が増えまして、消費税の増税&軽減税率や内部統制についてのお話をさせていただいております。海外ではお客様の海外進出のお手伝いをさせていただいております。数年前までは香港とシンガポールがダントツに多かったのですが、最近はハワイが中心となっております。

4月 大阪・青森
5月 仙台
6月 札幌・ハワイ

諸般の事情で8月以降は私個人出張を少し抑えようと思っておりますが、ただ、汐留パートナーズグループとしては今後もぜひお仕事ご用命いただければ光栄です。優秀なメンバーがそろってまいりました。

以下は、ハワイに出張した時の合間の休日の一枚です。たまには(いつも?)出張で息抜きをしたいなと思います。

12747460_1058364554203136_1798991036895074096_o

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京ベイコート倶楽部にて

12523974_1091669494205975_2914273486034491394_n

先日は東京ベイコート倶楽部で食事会をしました。初めての機会でしたがベイコート倶楽部は本当に贅沢な雰囲気でした。セキュリティが厳しいベイコート倶楽部の中は、ちょっと異空間、まさにリゾートですね。2008年春オープンということでちょうど8年、汐留パートナーズグループと同じ時期の創業です。思い返せば2008年9月にはリーマンショック、2011年3月には東日本大震災がありました。ということでスタートしてからかなり厳しい状況で推移していたことでしょう。

一方で、東京ベイコート倶楽部という名前を、ここ1年よく聞ききます。おそらく富裕層の間で少しずつ景況感がよくなってきたのでしょうか。お金が動いているように関します。一方で一般人の間では特段の景気のよさは感じることもなく、、という状態です。このままでは消費税引き上げも延期になるのではという状態です。

いずれにしても、今回は貴重な機会をいただきましてありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

確定申告お疲れ会の全体集合写真

IMG_0911

確定申告のお疲れ会の時の写真を入手しました。全体集合で撮影しますと、税理士法人&行政書士法人のメンバーだけでも結構な大所帯になってまいりました^^今年の確定申告においては、さらにたくさんのお客様の確定申告をお手伝いできましたし、また、これまで触れてこなかった領域についても新たに勉強する機会をいただきました。

さて、4月からまた繁忙期がスタートして、5月末までは少々しんどい時期でございます。まずは5月末をしっかりと皆で協力し合いながら乗り越えていきましょう。お客様のサポートをしっかりと行ってまいりたいと思います。今後ともメンバー一同力を合わせてご支援をさせていただくことをお約束させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

汐留パートナーズグループのビジョンと行動指針

ビジネスの話

本日は、ビジョンと行動指針についてご紹介です。
汐留パートナーズグループには8年前より以下のビジョンがございます。

【ビジョン】

①専門性
それぞれの職務において知識と実務能力の研鑽に努めスペシャリストであり続けることを目指す。

②誠実性
熱いハートと倫理観を持ちステイクホルダーに対して誠実であり続けること目指す。

③革新性
革新的に考え行動しクライアントのあらゆるニーズを満たすべくチャレンジし続けることを目指す。

私たちのお仕事はサービス業です。役職員1人1人が汐留パートナーズの一員であることに誇りに思い、最高のサービスバリューを目指していきたいと考えています。「能力」×「熱意」×「考え方」=「人生・仕事の成功」となると思います。これを踏まえて2016年4月より以下の9つの行動指針を定めました。日々正しく行動をしていきたいと思います。

【行動指針】

①目標を設定して行動する <専門性>

目標を掲げることで、自分のするべきことが明確化します。そうすることで、その時にしていることが有意義なものになります。「成功する者には実行あり、実行する者には計画あり、計画する者には夢があり、ゆえに成功する者には夢がある。

②自分を磨く行動をする <専門性>

自分=商品です。自分を磨くことは、汐留パートナーズのサービスバリューを引き上げることと同じです。世の中・時代の流れに常に柔軟に対応できる知識・体力をつけましょう。心も体も健やかに、よく働き、よく遊び、よく学びましょう。

③利益率とコストに対する意識を持って行動する <専門性>

利益獲得=会社成長です。会社は常に成長・投資を続けて行かなければなりません。現状維持は衰退と同じです。お金は私たちのサービスバリューを数値化したものです。

④仲間を大切にする <誠実性>

人間、一人では限界があります。どれだけ辛くても周りの人の助けがあれば乗り越えられます。「会社が好き、会社の人が好き」と胸を張れるようになりましょう。「思いやり」がなければ仲間を大切にできません。「誠実」でなければクライアントを大切にすることもできません。

⑤お客様を大切にする <誠実性>

お客様に満足してもらえることはとても大事なことです。喜んでくれると私たちも嬉しいです。お客様が儲ける=汐留パートナーズに還元してもらえる=会社が成長する。いい人・いい会社と付き合い、正しい商売に全力を注いでいきましょう。

⑥セキュリティー・プライバシー・コンプライアンスの遵守 <誠実性>

セキュリティー・プライバシー・コンプライアンス(SPC)は私たちの3種の神器。お客様も従業員も安心できるような環境はとても大切です。

⑦自発的に行動する <革新性>

汐留パートナーズは皆さん1人1人の会社です。個々のアイデンティティーを尊重しています。受動的ではいけません。常に能動的に考えて行動しましょう。

⑧マーケットインの発想を持つ(=顧客ニーズの追求)<革新性>

常に顧客ニーズに寄り添っていきましょう。お客様からのご依頼をお断りすることなくお引き受けして、やり遂げ成長してきたからこそ今の汐留パートナーズがあります。全員がマーケットインの発想を持つことで汐留パートナーズは成長し続ける組織となります。

⑨感動を与える <革新性>

感動を与えるようなサービスを続けることで、どんなに世の中も時代も変わっても私たちは必要とされ続けます。お客様の予想をいい意味で裏切って超えることで「感動」は生まれます。そのようなサービスを提供していきましょう。

本当であればもっともっと早くしっかりと行動指針を明確にしていかねばなりませんでした。今まで本当に良いメンバーに支えられ、このような行動指針を整備していなくても、何も問題が生じないような会社であったことに感謝をしつつ、これからもきっとそうでしょうが、更なる会社の発展のために色々と会社らしくなっていかないとと感じました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

world-childrens-day-520272_640

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

8周年の御礼とご挨拶

ビジネスの話

本日から新年度ですね。さて、本日で汐留パートナーズグループはたくさんのお客様に支えられ、また、多くのメンバーに支えられ、8周年を迎えることができました。本当にありがとうございます。

設立当初数名だった事務所も、今では税理士法人のメンバーだけで60名超、法律や労務、海事事務所のメンバーも含めると90名を超える組織に成長しました。本当に嬉しい限りです。ここまでお力添えくださいましたすべての関係者の皆様に御礼申し上げます。

思い返せば8年色々なことがありました。大変だったこともたくさんあったと思います。ですが嬉しいことの方が数倍多くありました。嬉しいことは皆で共有することで何倍にも嬉しく感じ、大変なことは皆で励ましあい何分の1にして乗り越えてまいりました。

本日4月1日には全社に向けて汐留パートナーズのフィロソフィとして大切にすることを改めて発表させていただきました。その中で本日は「目標」「経営理念」「3つの経営理念の関係」についてご紹介です。私たちの事務所は「人材(人財)」がすべてです。正しい行動が日々できるように、そのフィロソフィを定めています。

【目標】

・全員で同じベクトルを向き、全員で人生の幸せをつかみ取る
「笑顔」「自己実現」「充実感」「家族」「仲間」「楽しさ」「やりがい」etc.
・結果、高収益な、No.1ワンストップファームになっている
利益獲得・規模拡大・筋肉体質も追及していく

【経営理念】

①従業員と家族の幸せを大切にする
クライアントのよきパートナーであり続けるために、常に進化をし夢を持って働ける職場を目指し、従業員と家族の幸せを大切にします。

②クライアント第一主義
クライアント第一主義をモットーに、そのために我々が果たすべき責任や貢献に必要な一切の努力を惜しみません。

③プロフェッショナルとして社会に貢献
プロフェッショナルとして、常に高い志と使命感を持ち、国籍、人種、文化などを超え社会に貢献することを目指します。

【3つの経営理念の関係】

<①と②の関係>
自分の家族や汐留パートナーズのメンバーを大切にできないならば、お客様のために最高のサービスを提供することはできません。また、お客様にたくさん喜んでいただき、十分な報酬を頂く。これにより高収益な会社を目指し広義の「家族」と幸せを目指します。

<②と③の関係>
バックオフィスが強い会社を創出することで、各社が永続的に世の中に役に立つ商品やサービスを提供する。すなわち世の中の富の総和を増加することに汐留パートナーズとしても貢献することができます。また、社会貢献しているサービス、そしてそのような会社でなければいつかは世の中から必要とされなくなってしまうでしょう。一時儲けることはできても、儲け続けることは本当に難しいものです。私たちは社会の安定基盤、すなわちインフラを担うプロフェッショナルです。社会に貢献しているという自信をもってお客様へサービスを提供していきたいと思います。

<③と①の関係>
社会に必要とされるビジネスは必ず永続できます。大切な従業員とその家族の生活の基盤を皆でより強固なものにしていきます。また、自分とその家族が幸せでなければ、とても「社会のために」などと大それた事は言えません。汐留パートナーズはそのためにも1人1人のスタイルに合った仕事の形態を常に模索し、柔軟かつスピーディーに進化をしていきます。

引き続き精進して参ります。今後ともご支援、ご指導よろしくお願いいたします。

DSC_1907

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る