汐留パートナーズグループCEO 公認会計士前川研吾のブログ

経理・財務代行スタッフの募集(実務経験者歓迎)

ビジネスの話

汐留パートナーズ税理士法人(汐留パートナーズグループ)では、現在、経理理・財務代行スタッフを募集しております。
詳細はこちらのサイトにも掲載しております。→ 汐留パートナーズのリクルートサイトhttp://recruit.shiodome.co.jp/

●求人サマリー

【仕事内容】
★20代〜30代のスタッフ活躍中 ★創業10年を迎えるグローバルな企業です ★新プロジェクト始動!

【応募資格】
※業務未経験・第二新卒の方も大歓迎です
・経理・財務のご経験が1年以上ある方
≪こんな方大歓迎です≫
□経理の実務経験や資格を新たなステージで活かしたい方
□経営コンサル、財務コンサル等に興味がある方
□責任感を持って長期で勤務のできる方
□社会人マナーのある方

【給与】
月給20万円〜50万円(30時間の固定残業代込。時間外労働の有無に関わらず支給。

【勤務地】
〒105-0004 東京都港区新橋1-7-10 汐留スペリアビル5階 【転勤の可能性】 原則ありません。

●具体的なお仕事内容

週に2〜4日ほど都内のクライアント先で以下の業務をお任せします。1社のクライアントに対して、2〜3名のスタッフで対応します。

◆経理業務
・月次、年次決算
・固定資産管理
・売掛金、買掛金の管理
・振込、現金出納など税務業務※税務申告はマネージャーが行いますので、税務知識は不問です。
・クライアント先での業務のほか、社内で総務、経理業務などの補助もお任せします。

●PRポイント

汐留パートナーズ税理士法人は、法人設立、在留資格(ビザ)の取得、その後の会社の運営に関する会計税務・人事労務業務まで、英語・中国語による対応も含め、ワンストップサービスを「必ず」提供できるプロフェッショナル集団の一員です。創業から10年、「従業員と家族の幸せを大切にする」をモットーに拡大を続けております。今回、産休に入るスタッフのバックアップと、今後の体制強化のため増員募集をします。「経理・財務の経験を活かしたい」という方ぜひご応募ください。たくさんのご応募お待ちしております。

●この仕事で磨ける経験・能力

★事務スキル
★経理スキル
★コミュニケーションスキル

●会社について

当社は、公認会計士、税理士、弁護士、社会保険労務士、司法書士、海事代理士、行政書士等の国家資格を有する専門家により組織される汐留パートナーズグループの一員です。各分野のプロフェッショナルと連携しており、規模も業種も異なるお客様が、各々のステージで直面する、様々な課題や局面に対し、サービスをご提供しております。グループとしては、国内のみならず、アジア、アメリカなどグローバル展開も行っております。

詳細はこちらのサイトにも掲載しております。 → 汐留パートナーズのリクルートサイトhttp://recruit.shiodome.co.jp/
どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガポールに滞在中。

出張・旅行

シンガポールはもう5回目くらいなのですが、毎回何かしら新しい発見があります。また、以前から知っていても再確認ができることがあります。今回はUberでシンガポールを移動しておりましたが、Uberのドライバーと話をしている中で現地の事情が分かる会話がありました。

Uberのドライバーがたくさん稼いでいるとは思えないのですが、そのUberのドライバーは650スクウェアフィート(約60㎡)のマンションを購入したという話をしていました。「家族で住んでいるんだ~」と。なんとその金額が2,200,000シンガポールドル(日本円で約1億7600万円)!

日本で60㎡で1億7600万円のマンションなんて、港区の一部にあるかないか、あっても超超高級マンションでしょう。ということでなぜ彼がこのマンションを買えたのかはわかりませんが、そのくらいマンションが高いということがわかります。

東京の不動産は都心部でも表面利回りが4%台にまで落ちていますが、シンガポールや香港などでは2%くらいまで落ちているとすれば、東京の不動産は外国人からするとまだまだ買いなのかもしれません。個人的には高いなぁと思いますが・・・。

本日深夜便で東京に戻ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IPOのロードショーと経営者のプレゼン能力

おはようございます。本日はIPOにおけるロードショーについてご紹介です。実はとてもおもしろいんです。ロードショーというと一般的には映画の封切りをイメージすると思いますが、IPOのロードショーはこれとは異なります。

IPOにおけるロードショーとは、上場承認を受け株式公開時のファイナンスの前に、様々な機関投資家に向けて行う説明会のことをいいます。プレヒアリングやディスクロージャーとも言います。海外の機関投資家を訪問する場合にもロードショーを行うこともあります。英語ではRoad showの他Book Buildingとも言われます。

CEOやCFOの力量が試される場であるともいえます。IPOにおけるロードショーは公開時の公募・売り出し価格を決める際に重要なポイントですので不可欠であるといえます。その時の市況や証券会社の力量も。

CEOやCFOは、会社のTOPとして雄弁に説得力のあるプレゼンテーションも求められるという事です。私もプレゼンテーションの力は身につけていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

誕生日を迎えました。

おはようございます。先日誕生日で36歳になりました。お祝いのメッセージありがとうございました。私は酉年なので2017年さらに飛躍の一年にしたいと思います。飛べない鳥ではなく飛べる鳥になります(笑)

昨日深夜にコンサルティング業務で黒住と山口とシンガポールに入っております。シンガポールはいつ来てもすごい都市国家だなぁと感じます。小池知事が東京を改革しようとしていますが、シンガポールは都市国家ゆえ、東京が1つの国になったような感じです。正確にいうと東京でも山手線の中と少しだけ外側までが1つの国家となっている感じでしょう。

シンガポールの発展は、建国の父「リー・クアンユー」がいたからこそでしょう。リークアンユーがもしいなければ、現在のような経済発展をシンガポールが遂げることはなかったといっても過言ではありません。シンガポールが他の東南アジアと差がない位の経済レベルにとどまっていた可能性は十分にありえます。

シンガポールは1980年代には世界の工場として発展を遂げました。そして、その後1990年代にはIT化の波にいち早く乗りさらなる発展を遂げました。現在シンガポールは1人当たりのGDPで日本を超えるほどの発展をしています。

2017年も頑張ります!数日のお仕事の後20日には東京に戻りますので、皆様にはご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IPO準備会社における株価算定とはどんな業務か?

本日はIPO準備会社における株価算定とはどんな業務かについてて書いてみたいと思います。

●IPOにおける株価算定の必要性

企業が証券市場に上場するIPOにおいては、ファイナンス(第三者割当増資)、株式譲渡、新株予約権(SO)の発行等において、客観的な株価を入手しておく必要に迫られます。いい加減な株価によりファイナンス等を行うことはできず、また、場合によっては税務上のリクエストにより株価算定を行うこともあります。

●株価算定の方法

未公開企業の株価算定には複数の方法があります。例えばディスカウント・キャッシュフロー(DCF)法やPERマルチプル法などの方法です。

ディスカウント・キャッシュフロー法は、企業が営業活動で獲得した資金であるキャッシュ・イン・フローを基準に株価を算定する方法です。具体的には、キャッシュ・イン・フローの将来予測を加重平均資本コスト(WACC)で割り引くこと等で企業価値を算出し、算出した企業価値を発行済株式数で割って1株当たりの株価を算定する方法となります。ディスカウント・キャッシュフロー法は、将来の収益予測とWACCの判定が難しいのが特徴で、計算式は複雑なものとなっています。

PERマルチプル法は、1株あたりの当期純利益(EPS)に株価収益率(PER)を乗じて株価を算出する方法です。ここで株価収益率を測定するには証券市場での株価が必要になりますが、未上場企業には株価がないため、便宜的に同業他社や上場企業全体の水準を基準にして株価収益率を選定し用いることとなります。このPERマルチプル法は数式が単純で計算しやすく、株価算定で多く使用される計算方法となっています。

実務においてはPERマルチプル法を採用する場合、ディスカウント・キャッシュフロー法やその他の方法によって算定された株価が正確なものであるかを検証するために使用されることも多くなっています。

●汐留パートナーズの株価算定メニューとは?

様々な株価算定業務を行っております。例えば株価算定書の項目(目次)は以下のようなイメージです。

ご挨拶
Ⅰ 株価算定結果
Ⅱ 株価算定の考え方
Ⅲ 株価算定の前提
Ⅳ DCF法に基づく株価算定
Ⅴ 新株予約権にかかるオプション価値の反映
Ⅵ 1株当たりの株式評価額算定
Ⅶ 本報告書の利用上の注意

最近はIPO準備会社様からのご依頼やM&Aにおける対象会社のバリュエーションなどが多いと感じます。是非株価算定が必要な場合にはお気軽にお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私の座右の銘『栄光に近道なし』 Part2

今日は自分が好きな言葉をひとつご紹介。

「栄光に近道なし」
(There is no royal road to glory.)

これは2010年4月のブログでも書いているので7年近くたっても変わっていないものです。2010年4月の私は「世の中ゼロサムゲームである」「新たな創造をしないまま拡大しないパイを取り合ってもつらいだけ」「自らが新しい付加価値を創り出すこと」などについて解説しておりました。偉そうに(笑)

このこと自体は、今でもそう思いますが、恥ずかしながら「自らが新しい付加価値を創り出すこと」についてこの歳月で取り組めただろうかと胸に手を当ててみると何とも言えない気持ちになります。おかげさまでたくさんのお客様とメンバーに恵まれて汐留パートナーズは成長をさせていただいております。もうすぐ100人となります。

今後さらなる発展をして世の中に貢献するためには、やはり「自らが新しい付加価値を創り出すこと」について真剣に取り組んでいく必要があります。そのための手段としていろいろな方法があることを学びました。まだ実行できていないことばかりなのですが機は熟してきました。私の座右の銘「栄光に近道なし」のとおり、意図してか意図せざるかはおいておき、、かなり遠回りもしました。良い経験となっています。

2017年も色々なことがあると思いますが、乗り越えて一回り二回り汐留パートナーズが大きくなると確信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「コロプラ」のビジネス

ビジネスの話

黒猫のウィズ、白猫プロジェクトが人気の「コロプラ」のビジネスについて見てみたいと思います。

【会社概要】
・会社名
 株式会社コロプラ
・資本金
 63億8424万円(2016年 6月末)
・所在地
 〒150-6011東京都 渋谷区 恵比寿4ー20ー3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
・設立
 2008年10月1日に設立
・上場
 2012年12月13日に上場
・従業員数
 グループ全体 1191名 コロプラ本体 790名(2016年6月末)
・事業内容
 スマホアプリのゲームや位置ゲーの開発や運営
 海外向けモバイルゲームサービス
 VR(仮想現実)デバイス向けのサービスなど

【主要人物】(2016年7月1日時点)
・取締役
 代表取締役社長 馬場 巧淳(ばば なるあつ)
 取締役 内部監査室長 土屋 雅彦(つちや まさひこ)
 取締役CFO兼CSO コーポレート統括本部長 長谷部 潤(はせべ じゅん)
 取締役 業務推進部・海外事業管掌 吉岡 祥平(よしおか しょうへい)
 取締役 サービス統括本部長 石渡 亮介(いしわたり りょうすけ)
 取締役 Kuma the Bear開発本部長 森先 一哲(もりさき かずのり)
 取締役 石渡 進介(いしわたり しんすけ)
 社外取締役(独立役員) 栁澤 孝旨(やなぎさわこうじ)
 社外取締役(独立役員) 為末 大(ためすえ だい)
・監査等委員
 常勤監査等委員(独立役員) 長谷川 哲造(はせがわ てつぞう)
 監査等委員 月岡 涼吾(つきおか りょうご)
 監査等委員 飯田 耕一郎(いいだ こういちろう)

【コア事業】
・アプリゲーム
 スマホアプリのゲームでは「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」や「白猫プロジェクト」が主力。特に黒猫のウィズは課金しなくても十分に遊べ、評価も高い。また、最近では巨大なモンスターと協力して闘う「ドラゴンプロジェクト」や、白猫プロジェクトから派生したテニスゲーム「白猫テニス」のCMを放送するなど新しいスマホアプリのゲームに力をいれている様子。他にも、ゲームキャラクターのタオルやキーホルダー、Tシャツなどの公式グッズを販売している。このアプリ内での課金やコロカ売り上げの手数料収入が収益の源となっている模様。
・海外
 海外向けのゲームアプリを配信している。
・VR(仮想現実)デバイス向けサービス
 頭部につける機械、HMDによって、視界がすべてゲームの世界となる。このようなVR(デバイス)によるサービスの提供をしている。VRを使ったものに「白猫VRプロジェクト」がある。
・スマートアンサー
 アンケート型のモニターアプリ。アンケートに答えてポイントを集めることで、ギフト券に交換することができる。

2008年10月1日に設立さています。汐留パートナーズが設立されたのも同じ年です。上場は2012年12月13日。社外取締役(独立役員)に元陸上オリンピック選手の為末大さんが入っていますね。業種は違えど刺激を受けます。弊社も頑張らねば!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ふるさと納税でスカルプD

ふるさと納税でスカルプDがたくさん届きました☆一本4000円近いのでかなりお得と感じました(^^)先輩の会計士に「前川君気にしているの?」と言われましたが、「予防です」と答えておきました。

CMなどでも有名な製造販売会社のアンファーは、和歌山県伊都郡かつらぎ町内にある日進化学株式会社の和歌山工場に、スカルプDの製造を委託していることから、返礼品にスカルプDを提供することとなったようです。

メンズの皆さん、以下参考まで。

・和歌山県伊都郡かつらぎ町
・2万円の寄付で3本セットがもらえる
・1本4000円とすると3本で12000円なので還元率が60%
・オイリー、ストロングオイリー、ドライのほか、コンディショナーもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お隣の国「韓国」に来てみて。

韓国はソウルに来ております。汐留パートナーズはお客様に韓国企業がたくさんありますし、焼肉も大好きですし、日本からとても近い国ですし、たまに訪れたいと思う国です。今回は3回目のソウル、前回は5年前東日本大震災後にきましたので久々の韓国です。

ところが、今回韓国をまわっていて感じましたのが何とも言えない閉塞感です。。。私は韓国を悪くいうつもりはなく、むしろ人生において素敵な韓国の方々との出会いが多かったのもあり、ダイバーシティ(多様性)を大切にして生きています。汐留パートナーズもそのような会社であってほしいと、いつもメンバーにも話をしています。汐留パートナーズにも韓国人スタッフもいますし、汐留パートナーズのお客様にも韓国企業もたくさんあります。

さて、先日エキサイトニュースに以下のニュースがありました。

『文部科学省所管の統計数理研究所が2013年10~12月に行った国民性調査(20歳以上の男女3170人対象)で、「生まれ変わるなら日本と外国のどちらが良いか」という質問に対し、20代の73%が「日本」を選んだ。これは60%に届かなかった前回(2008年)の調査より上昇しており、日本をポジティブにとらえる若者世代が増加していると分析できる。一方、韓国はというと、市場調査会社マクロミルエムブレインのトレンドモニターが今年1月21~27日にアンケート調査(満19~59歳の男女1000人対象)を行ったところ、61.1%が「韓国に生まれ変わりたくない」と回答した。』
レコードチャイナ 2016年11月28日 09時30分 (2016年12月1日 00時01分 更新)

これを見て驚きました。韓国の数字、かなりつらい結果だと思います。

・朴槿恵大統領の退陣を求める20万人規模のデモが発生し支持率は歴代最低の5%にまで低下
・韓国の企業格差は日本とは比べものにならないくらい大きく、中小企業は財閥系大企業の賃金の6割程度しかもらえない様子
・コネが極めて重要で若い方々が将来に対する夢を持てない状況にある
・韓国の国民が抱えている財閥への恨みがとても大きい様子

日本のお隣の国韓国から学ぶことは良くも悪くもたくさんあると思います。

日本が良くなると韓国も良くなる。韓国が良くなると日本も良くなる。日本が韓国のことを好きになると韓国も日本のことが好きになる。そんな理想かもしれないようなポジティブなスパイラルに両国が向かっていければいいなと切に願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年謹賀新年

14832586017971

新年明けましておめでとうございます。昨年国後島(くなしりとう)がよく見える母方の先祖の北海道の土地を譲り受けたので、元旦に来てみました。「北海道標津郡標津町崎無異(さきむい)」という場所です。私の後ろに写っているのは国後島です。

良く言えばオーシャンビューで目の前に北方領土が見える土地800平米超です。価値は全くないです。しかしながら、もし北方領土が返還されることになれば価値は高まるかもしれません。北方領土が返還されたら汐留パートナーズの北方領土支店を設置してみたいなと思ったりもします笑

「北方領土での会社設立・会計税務・人事労務なら汐留パートナーズグループまで」

というSEOタイトルを現時点でつけたら、ライバルがいないはずですのできっと上位表示されますね。数日でこの記事が検索に引っ掛かると思いますので試してみます笑

私のお祖父さんは昔国後島に住んでいたみたいです。そしてこの辺りには私の先祖の親戚の方々が住んでいるとか。80年前とかはこの辺りの標津と国後島は自由に行き来できていたんだろうなと感じます。わずか16キロしか離れていないので、肉眼でもとても大きく見えます。

自然溢れるこの土地にはたくさんの動物がいました。すごく大きな鷲、キツネ、そして大量の鹿。道路にいつ飛び出してきてもおかしくありません。昔は先祖はここで鮭を釣ってたくさん食べていたのだなあと思いに耽りました。鮭をはじめ魚がすごく釣れるようです。

さて、話は変わりますが北海道釧路市は生活保護の世帯割合が日本一だと言われます。大変に生活が厳しい地方でありそうです。魅力的な自然や食べ物などに恵まれている釧路にですがPR下手ゆえに、観光客がなかなか来ません。今回カジノ誘致に名乗りをあげた釧路ですがどうなることか。

「カジノ事業での会社設立・会計税務・人事労務なら汐留パートナーズグループまで」

という検索ワードも試してみたいと思います。マネタイズする方法をどうするのかを考える必要がありますが笑

さて、汐留パートナーズのメンバーは前川はまた変わった事を考えているなと思うかもしれませんが、同じ事を漫然とやっていたのでは衰退しかありません。会社としての報酬は利益、個人としての報酬は給料ですが、漫然と同じ事を繰り返ししていてイノベーションをおこせないままでは進歩がないのが世の常です。どの国でも組織でもそれは同じ。

私自身は会社の成長のために常日頃このようなことを考えているわけですが、できればスタッフにも少しでもそのようなことを考えほしいなと思うことがありますし、そういう事を考えている話を社内で聞くと無性に嬉しくなります。私自身がそのようなイノベーションを起こせなくなったら引退の時です。

東京にいると東京の生活が当たり前になりすぎているので、公私ともにたまにでも東京を離れることで、逆に東京の魅力や新しいビジネスの可能性に気づけるのだと思います。本年もイノベーションを起こします。そして爆発的に飛躍したいと思います。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る