会社設立・商業登記・不動産登記等は東京都港区の【汐留司法書士事務所】- 法人設立代行・創業支援

所長ブログ&コラム

タグ「取締役」の記事一覧

2017/07/21 商業登記関係

取締役会の決議要件と取締役の過半数の一致

取締役会の決議は取締役の過半数で行う 取締役会の決議は、定款に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることのできる取締役の過半数が出席し、出席した取締役の過半数をもって行います(会社法第369条1項)。 定款に定めること […]

,


2017/06/24 商業登記関係

取締役、監査役の氏名を通称名で登記

取締役、監査役の氏名 株式会社の取締役、代表取締役、監査役の氏名は登記事項とされています。また、代表取締役はその住所も登記事項となっています。 有限会社においては、取締役と監査役の住所、氏名が登記事項とされており、代表取 […]

,


2017/06/05 商業登記関係

事業年度の変更と、取締役・監査役の任期

事業年度は、基本は1年 会社には事業年度があり、多くの会社の定款には、事業年度がいつからいつまでなのかが定められています。 3月決算(事業年度の末日が3月31日)や12月決算(事業年度の末日が12月31日)にされている会 […]

,


2017/05/22 商業登記関係

社外取締役の選任と社外取締役の登記

社外取締役の社外要件の改正 平成27年5月1日に施行された平成26年改正会社法により、社外取締役(及び社外監査役)の社外要件が改正されました。 社外取締役の要件はこちらの記事をご参照ください。 >>>取締役の社外要件(平 […]


2017/05/15 商業登記関係

取締役会を廃止して取締役を1名とする手続き

取締役会、監査役を廃止して会社の機関をスリム化 平成18年5月より前は、株式会社には取締役会と監査役を置かなければならず、会社役員の最低限の人員として取締役3名と監査役1名が必要でした。 平成18年5月以降は会社の規模や […]

, ,


2017/04/07 商業登記関係

未成年者が取締役へ就任するとき

未成年者は取締役となれるか 株式会社で新しく取締役を選ぶときは、一般的には株主総会の決議によって取締役を選任し、その取締役がその就任を承諾することが必要です。これは会社と取締役が委任関係にあるため、会社側が取締役として選 […]


2017/03/21 商業登記関係

代表取締役の地位のみ辞任

代表取締役の辞任(取締役としては残る) 株式会社の代表取締役は取締役の中から選定されます。取締役でない人が、代表取締役になることはできません。そして、株式会社は代表取締役を1名以上置かなければならないとされています。 取 […]

, ,


2017/03/02 商業登記関係

役員(取締役・監査役)選任権付種類株式

取締役、監査役選任にかかる種類株式 種類株式とは、株式会社が発行することのできる、剰余金の配当が優先されている、あるいは議決権を制限されているなどの権利の内容が異なる株式のことをいいます。 株式会社は、「当該種類の株式の […]

,


2017/02/26 商業登記関係

取締役会設置会社の代表取締役の選定

代表取締役は取締役会の決議 取締役会を置いている会社(取締役会設置会社といいます)の代表取締役は、取締役会の決議によって選定します。 会社法第362条第2項によると、取締役会は、代表取締役の選定及び解職を行うとありますの […]

,


2016/12/28 商業登記関係

株式会社の機関設計

株式会社と機関 会社法が平成18年5月に施行されてから、株式会社の機関設計が柔軟に設計できるようになりました。資本金の最低金額がなくなったことに加えて、一定の会社は取締役会(+監査役)の設置義務がなくなったことにより、資 […]

, ,


汐留司法書士事務所では、
商業登記不動産登記相続手続き遺言成年後見など、
様々なサポートを行っております。


ご相談・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

ご相談・お見積りは無料です。

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階

会社設立代行