汐留社会保険労務士事務所 若手スタッフによるブログ
汐留社会保険労務士事務所の若手スタッフが人事・労務・起業・法務・経営などについてお役に立つ情報を、楽しく・分かりやすくお伝えしていくブログです。

汐留社会保険労務士事務所の若手スタッフが人事・労務・起業・法務・経営などについてお役に立つ情報を、楽しく・分かりやすくお伝えしていくブログです。

2017年7月14日

entry.gif今年度から新設された「人事評価改善等助成金」

◆働き方改革の施策の1つ
今年度(平成29年4月1日)から新設された雇用関係助成金の1つに、「人事評価改善等助成金」があります。
本助成金は、生産性向上に資する人事評価制度と賃金制度を整備することを通じて、生産性の向上、賃金アップおよび離職率の低下を図る事業主に対して助成されるものであり、人材不足を解消することを目的として創設されました。今話題の"働き方改革"の施策の1つといえます。

◆支給額、支給要件
支給額が最大130万円(制度整備助成:50万円+目標達成助成:80万円)と大きいこともあり、申請件数も増えているようです。 支給要件は以下の通りです。
【制度整備助成】
(1)人事評価制度等整備計画を作成し、労働局長の認定を受けること
(2)認定された人事評価制度等整備計画に基づき、整備し実施すること
【目標達成助成】
(1)「制度整備助成」の措置を実施すること
(2)「生産性要件」を満たしていること
(3)離職率を目標値以上に低下させること
(4)毎月決まって支払われる賃金を2%以上増加させること
なお、(2)の「生産性要件」を満たすには、支給申請等を行う直近の会計年度における生産性がその3年前に比べて6%以上伸びていることが必要であり、計算にあたっては、厚生労働省のホームページでダウンロード可能な「生産性要件算定シート」を活用することでできます。

◆手続きの流れ
本助成金の大まかな手続きの流れは、以下の通りです。
(A)「人事評価制度等整備計画」の作成・提出...提出期間内に本社の所在地を管轄する都道府県労働局へ提出
(B)認定を受けた「人事評価制度等整備計画」に基づく人事評価制度等の整備...労働協約または就業規則に明文化することが必要
(C)人事評価制度等の実施...すべての正規労働者に実施することが必要
(D)制度整備助成の支給申請(50万円支給)
(E)目標達成助成の支給申請(80万円支給)

本助成金の申請をご検討されている事業主様は、当事務所までご相談ください。

2017年6月29日

entry.gif睡眠時間は足りていますか?

先日、睡眠について扱ったテレビ番組をみて、「睡眠負債」という言葉を知りました。「睡眠負債」とは、本来必要とされる一日の睡眠時間(7時間程度)を満たせなかった日々の睡眠不足の蓄積のことです。
睡眠負債は、日々意識して返済をする(睡眠不足の翌日はその分多めに寝る等)ことで、蓄積を防ぐことはできますが、返済不能なほどに蓄積されると、認知症、ガン、能力低下等深刻な健康障害を引き起こします。

なかでも、認知症の原因物質は、働き盛りである30代から蓄積が始まっているそうで、この時期の睡眠不足は将来の認知症発症リスクを高めることになるのです。ですので、この時期から睡眠不足には気をつける必要があります。
ちなみに、家事に時間がかかる、休日は長く寝てしまう、仕事でミスを連発、一つでも当てはまる人は、睡眠負債がたまっている可能性が高いそうです。

社員の睡眠時間を確保するため、フレックスタイム制の導入等を始めた企業もあり、生産性が向上したとの一例もあります。また、働き方改革の一環として政府が勧めているのが、勤務間インターバルです。
睡眠時間の確保による、社員の健康障害防止と企業側の生産性向上、双方にとってプラスとなるこれらの制度、導入をご検討されてみてはいかがでしょうか。

yoshijima

2017年6月16日

entry.gifKAIGO

日増し鮮やかさを増す紫陽花に今年も雨の季節がやってきた!と実感しているこの頃です。鬱陶しいと思えばそれまでですが、この雨、夏野菜や果物、稲にとっての恵みの雨でもありますので、田畑を潤してくれることへの感謝の気持ちで乗り切りたいと思います。

さて、今回は「介護保険」について触れてみたいと思います。
ご存知の通り、介護保険は世界最速で進む超・少子高齢化への切り札として、社会全体で介護が必要な方を支えようとの高い理念のもとドイツの制度を手本に2000年に施行された公的保険です。法施行と同時に介護市場に民間参入が可能となり、新たな産業として注目を集め、異業種からの市場への参入も相次ぎ、雨後の筍のように施設がつくられてきました。今や保険市場は10兆円、2025年には15兆円、関連のシニア市場は100兆円産業と予測されています。また日本を凌ぐ速さで高齢化の波が押し寄せているアジア諸国からも日本式介護を取り入れたいと多くのオファーが殺到しています。そのため政府主導で今年2月に国内100社が参集し、『アジア健康構想協議会』を発足、介護のパッケージ輸出に積極的に取り組んでいます。介護がKAIGOとして英語の辞書に載るのも、そう遠くない話しかもしれません。

そんな日本の元気な市場と期待できそうな介護分野ですが、介護保険はといいますと...給付抑制のため度重なる改正(改悪?)が既に5回も行われ、先日、6回目の改正案が承認されたところです。その概要は、①かねてより、箱物施設に適用されていた総量規制がとうとうデイサービスにまで及びます。②2015年に所得の高い方のサービス利用時の一部負担金を1割から2割としていますが、来年の8月からは、340万円以上の所得者は3割負担に引き上げられます。③介護納付金の計算方法を被保険者数割から総報酬割へと段階に変更し、2020年からは完全移行する。④新たな介護施設「医療介護院」の新設(介護療養病床は2024年3月末まで延長)ほかの改正が決まっているようです。
特に③の計算方法の変更は働く世代にも影響があり、完全移行後の試算で保険料負担増は1,300万人、減は1,700万人です。また、この改正は今年の8月から段階的に開始されます。

法改正により、給付を抑制し、財源を確保して、在宅へのシフトを強化する⇒介護離職ゼロの推進で在宅での介護の担い手を確保する⇒海外への介護輸出で事業者の経営基盤の安定を図る⇒人材不足は海外からの介護人材で補完を図るなど、つなぎあわせると理にかなった政策が見え隠れしているように思いますが、肝心なことは今の日本を作り上げてこられたシニア世代の方々がお健やかに安心して幸せな生活を送っていただけることに尽きると思います。

朝に開花し、夕方には落花する沙羅樹という花があります。その潔さに心惹かれるこの頃です。とても長いブログを最後までお読み頂きありがとうございました。 HOMMA 

2017年6月 1日

entry.gifKING

皆様 こんにちは。
ブログ2回目のやまぐちです。

先日、Jリーグの横浜FC様が主催されたスポンサーバーベキュー大会に参加させて頂きました。
当日は天候に恵まれ、絶好のバーベキュー日和でした。
選手・参加された多くの方々とお話をさせて頂き、とても充実した時間を過ごすことができました。

中でも私の小さい頃からの憧れであった、三浦和良選手を間近にした時には、感動しました。
三浦選手といえば、中学3年生の時の進路希望表に「第一志望 ブラジル」と書いたいう逸話があります。

その他にも今でも練習に一番早く来て、最後まで残っていることも有名ですね。ご本人は「年だから体のケアの為」と笑いながら言っていたのを見たことがありますが、自分自身を客観的に見て、どういったことが必要か把握し、徹底しているからこそのプロ意識を感じました。

また最近私が感銘を受けたのは、W杯予選で4試合連続ゴールを決めた原口選手についてインタビューを求められた際に「直接会って、どうやったら上手くなるのかを聞きたい」と言っていたことです。自分の子供と同じくらいの選手にそのように言えることは、とても素敵ですよね。

夢のために何が必要かを考え、行動し、常に向上心を持つ。そんな三浦選手だからこそ今でも第一線で活躍できるのだなと思いました。
このブログを書きながら、私自身、身が引き締まる思いで一杯です。

ご紹介したい話は尽きませんが、長くなってしまいそうなので、、、
今後の横浜FC、そして三浦和良選手のご活躍を願いつつ、この辺で失礼致します。


やまぐち

2017年5月18日

entry.gif健康経営

最近、"ヘルシーさ"というのがトレンドですね。

ファッション、インテリア、フードなども、
退廃的であったりというよりはヘルシーであることが、かっこいいみたいな風潮があります。

企業様にとっても、
財政上や企業イメージの健全性はもちろんですが、
従業員の心身の健康が、最大の経営資源ともいえるのではないのでしょうか。

その考えを基に、1992年にアメリカのロバート・H・ローゼンという学者が、
"健康経営"という経営手法を提唱しました。
"健康経営"とは従業員の健康増進に対して投資をすることで
企業の生産性の向上につなげることを主な目的としている経営手法です。

元々、公的医療保険制度のないアメリカにて、従業員の医療費負担額が高騰したことも
あいまって、広まった手法ですが、
日本においても、健康経営を採用する企業が増えてきているようです。
経産省管轄ですが2017年度は、健康経営優良法人に大規模法人部門235法人、中小規模法人部門95法人が認定されました。

メディアで大体的に掲載されている取組みですと、
なかなか体力的に厳しい、、、という企業様もあるかと存じます。

まずは、健康診断実施の徹底等、法律で義務化されているところから、
漏れがないかひとつひとつ確認されてみてはいかがでしょうか?
もちろん、汐留社労士法人でもお手伝いさせて頂きます!


MUTO


2015年12月25日

entry.gif声援のその先には!?

こんにちは、
初老の社労 カナイです。

忙しい時期、皆様いかがお過ごしでしょうか?

すっかり冬になりました。

日本の四季の移り変わりは
他の国に無い大きな魅力です。

今年は暖冬とはいえ、やっぱり寒いですね。

12月となると、年末ジャンボ宝くじが販売されています。
私は毎年、毎年、コツコツと購入していますが、
競馬でいうところの「連にからむ」事も無く、
全く当たる気配はありません。

日本の四季のように、
財布の中身も春夏秋冬があってもよいと思うのですが、
私の財布の中身だけは季節の移り変わりが無く、
常に「厳冬期」でございます。

さて、私のこの時期の最大の楽しみは、正月の箱根駅伝です。
東京 大手町を出発し、国道1号を通り、私の地元横浜を通り、
江ノ島、茅ヶ崎、平塚、小田原を抜け、箱根をゴールします。

横浜を通ることから、毎年沿道で応援します。

実際にテレビで見るより迫力もあり、
選手たちの走り、監督たちの表情など、
テレビでは写らない面白さがあります。

毎年箱根駅伝を沿道でみる観客数は増加傾向にあると
あるサイトで知ったのですが、ブログの読者の方も
是非、沿道に出て応援してください。

声援のその先には、堪えて苦しんだ練習を
走りで表現する選手達がいます。

少し早いですが、来年もよろしくお願いいたします。

カナイ

2015年5月 1日

entry.gifはじめまして

はじめまして、3月から社労士事務所にお世話になっているササキ

と申します。

4月も終わり5月が始まりましたが新社会人の方々も
少しずつ環境に慣れてきたのではないでしょうか。

さて、ここで質問です。

カレンダーはなぜカレンダーというか知っていますか?

答えは紀元前10世紀のカルディア帝国で発祥した星占いの
「カルディアン・オーダー」が語源となっています。

実は1週間の順番もここからきているんですね。
知っていましたでしょうか?

なぜこんなことを聞いたかというと

最近、自分を含めてですが
「なぜ?」を追及する人が減ったなぁと感じます。

なんでもインターネットで調べられる時代になったがために

自分で勉強・調べようとする意識も減ってきたのではないのでし

ょうか。

そんなわけでもう一度自分で考える力を磨こうと思う今日この頃

でした。

2015年4月 8日

entry.gifはじめまして

はじめまして。
タキタと申します。

4月からこちらの社会保険労務士事務所でお世話になっております。

前職では人材派遣業界に携わっておりました。主に製造業を担当してました。
派遣業界はリーマンショック後の「派遣切り」や「年越し派遣村」などは大きな社会問題となりました。
製造派遣はリーマンショック当時、特に派遣契約終了が多く、その際に企業の担当者の方々やスタッフから様々な労務相談やトラブルの相談を受けてきました。このような経験がきっかけで社会保険労務士の勉強をし知識を深め、このような労務問題の解決に一役立ちたいと思うようになり、現在に至っております。

今後は新しい知識を吸収しつつ、このような経験を活かしていけたらと考えております。

どうぞ、宜しくお願いします。

タキタ

2013年7月12日

entry.gif汗をかく練習をしましょう


こんにちわ タケイです

いっきに夏らしくなり、太陽サンサンの毎日が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

ニュースを見た方もいらっしゃるかと思いますが、
今年は日本列島を二つの高気圧が二重に覆うため
例年にない猛暑になると予測されています。

こんな予測をされては、夏本番前から冬が恋しくなってしまいますが、
せっかくの夏ですし、楽しく元気に過ごしたいものです。

そこで、夏本番前にやっておく夏バテ対策をご紹介したいと思います。

私たちの身体は気候に合わせて勝手に体温調整をします。
夏場ですと体温が上がるので汗をかいて体温を下げようとしますが、
一年中エアコンの効いている空間にいることが多いと
上手く汗をかくことが出来ずらい体になってしまうそうです。

そこで7月中に、日々の生活の中で汗をかく習慣をつくっておきましょう!

・休日にスポーツをする
・シャワーで済まさず面倒くさがらないで湯船につかる
・7月中は自宅でクーラーを使わない  
 などなど・・・

自分に合った楽しく汗をかく方法を見つけ、
夏バテしない身体で8月、9月を軽やかに乗り切りましょう!

港区の若い社会保険労務士【汐留社会保険労務士事務所】
mini-trade_mark.gif残された遺族の思いを大切にします【遺族年金無料相談】
★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★

2012年7月13日

entry.gif3連休でしたね。

おひさしぶりです、ミヤシタです。


梅雨明けもしていよいよ夏本番になりますね!
この7月の三連休はみなさまはどのように過ごされましたでしょうか?

私は、千葉県の館山へ行ってきました。
小さい頃に7年ほど過ごしたため、とても懐かしい土地です。

20年振りくらいに、館山の海でちょっと泳ぎました。
夏に海水浴をするのは、けっこう久しぶりで太陽の力を甘く見てしまいました。


そのため変な日焼けをしてしまい、大変ショックです。
いい大人だというのに、恥ずかしいですね・・。


事務所は繁忙期がようやく終わりに近づき、これからの季節は
年金の請求代行や就業規則等に力を入れていきたいと思っています。


では、また。


ミヤシタ

mini-trade_mark.gif港区の若い社会保険労務士【汐留社会保険労務士事務所】
mini-trade_mark.gif残された遺族の思いを大切にします【遺族年金無料相談】
★汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします★